睡眠時無呼吸症候群とは

症状と原因

症状

 呼吸が止まるため、深い睡眠を取ることができません。このため起こる昼間の自覚症状として、度々睡魔に襲われる、疲れがとれない、注意が散漫となる、頭の働きが悪い、どこででも寝られる、寝起きが悪い、などがあります。
他の症状としては、爆音のような大きくて不快ないびきと呼吸停止、血中の酸素濃度の低下などがあり、これが生活習慣病の原因となり、悪化を来すことからも、睡眠時無呼吸症候群が注目されています。

原因

 睡眠時無呼吸症候群には、2種類のタイプがあります。

  1. 中枢型睡眠時無呼吸症候群
    睡眠時に何らかの原因により呼吸中枢の働きが低下し、無呼吸となる。頻度は少ないが、極まれに死に至る。
  2. 閉塞型睡眠時無呼吸症候群
    舌根の沈下などによりノドが塞がり、いびきが発生し、無呼吸となるもの。頻度は高く、患者は200万人以上と言われている。最近の報道では、500万人~1,000万人とも言われており(2008年4月13日NHKスペシャル)、殆どが閉塞性睡眠時無呼吸症候群である。

閉塞型睡眠時無呼吸症候群の原因

  1. 睡眠時にノドの周りの筋肉の収縮度が低下するため、舌の根元(舌根)が喉に落ち込み、気道を塞ぐ。
  2. 肥満(喉にも脂肪が溜まり、喉が狭くなっている)。
  3. 顎が極端に狭い(舌根が落ち込む場所が狭い)。
  4. 首が短い、二重あご(舌根が落ち込む場所が狭い)。
  5. もともと喉が狭い。
  6. 口蓋垂(ノドチンコ)が長い。
  7. 舌が厚く、口が狭い。
  8. 鼻が曲がっている。鼻の穴が小さい。(鼻が詰まり易く、口呼吸になる
  9. 副鼻腔炎(蓄膿症)で鼻が詰まっている(口呼吸になる)。
  10. 鼻アレルギーや鼻中隔彎曲症で鼻が詰まり易い(口呼吸になる)。
  11. 口を開けて寝る(口呼吸をしている)。
  12. いつも仰向けで寝ている。
  13. 両腕を頭の上に延ばし、万歳の姿勢で寝る(上気道が狭くなる)。
  14. 深酒をする。

診断

診断基準

 10秒以上の無呼吸が1時間に5回以上現れる、または一晩7時間の睡眠中に30回以上現れる場合を睡眠時無呼吸症候群(SAS、 Sleep Apnea Syndrome)といいます。

診断方法

 いびきが大きくて、突然いびきが静まった時に呼吸が停止、そして呼吸再開時には再び大きないびきをかきます。呼吸が止まっているかどうかは、隣に寝ている人が判断してください。

 このような症状があり、自己診断テスト(自分で出来るSASの簡易診断法)で12点以上の場合は、専門機関を受診することをおすすめします。
 受診時、問診などにより睡眠時無呼吸症候群の疑いがある場合、「終夜睡眠検査」という睡眠中をモニタリング(観察)する検査を行います。これは入院による検査となります。

検査での観察内容は、

  • 呼吸の状態:無呼吸の回数、無呼吸の長さ
  • 脳波の状態 :無呼吸による覚醒回数、睡眠の深度
  • 血中の酸素飽和度:酸素飽和度がどのぐらい下がっているか調べる

その他 、筋電図、心電図、眼電図などを記録します。診断の結果により、その後の治療法が決定されます。
 

治療方法

治療法としてCPAPを選択する場合

 CPAP 持続陽圧呼吸療法 とは、睡眠中にCPAP装置からホース、マスクを介して、処方された空気を気道へ送り、常に圧力をかけて空気の通り道がふさがれないようにする治療法です。

 適切な空気圧は、人により異なりますので、入院してCPAPで送りだす空気圧の調整をします。
その調整には、終夜にわたる観察と熟練を要するので、適切な医療施設を選ぶことが望ましいとされています。

 CPAP療法は、1998年4月より保険適用となっていますので、 3割負担の場合、約5000円の一部負担金で、CPAP装置や付属品のレンタルを受けることができます。なお、保険でCPAPを使用するためには毎月1回の医師による診察・指導のための外来受診が必要となります。

さらに詳しい内容は、下記ホームページでご覧になれます。

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)とは